モバイルファースト&クラウドファースト

CRM導入事例

  • 業種
  • 化学製品製造業
  • 職種
  • 外勤営業
某大手化学メーカーA社 導入ご担当者様

地図による顧客管理で、訪問すべき顧客の可視化を実現。顧客訪問効率が大幅に向上。

(某大手化学メーカーA社 導入ご担当者様)

企業プロフィール

国内有数の化学メーカーであり、製造業向けの生産財から一般消費者向けの消費財まで幅広く商品を展開。
高度な技術で化学業界を牽引している。

導入課題とその効果

  • 営業マン一人の担当地域が広く顧客数も
    多いため、顧客の所在地を覚えきれない

  • 現在地付近の顧客、特定地域の顧客が地図上で確認可能になったため、効率的な訪問の実現と現地での計画変更が容易に

  • 他社製品では顧客データのインポートに
    1日かかり、エラーも多発

  • 1万件の顧客データインポートが20分で完了!
    データの更新頻度も増やすことで、業務効率化に繋がった

経緯顧客の状態が視覚的に把握できるサービスを求めて

多数の顧客を管理/訪問するため
地図上で顧客の状態が分かるサービスが必要だった

某大手化学メーカーA社では営業一人が500~600社の顧客を抱えている。担当エリアが広いため慣れない土地での営業活動も多いそうだ。そんな中で一日の計画を効率的に立てるのは至難の業だった。 住所を見ただけでは顧客所在地の距離感が分からないからだ。

「各アポイントまでの空き時間にどこのお客様を回るかというのは、住所を見ただけではピンと来ません。どんなお客様がどこにいるかという情報が地図で視覚的にわかるシステムを営業サイドでずっと探していました。そんな時に新聞広告でGEOCRMを見つけ、この製品なら一日の計画を立てる時の参考に出来、訪問の間に近隣の顧客所在地が一目で分かるため、効率的な顧客訪問が出来るのではと思いました。」(ご担当者)

課題多くの顧客とコミュニケーションを取ってほしい

定着のための軸は費用対効果と使いやすさ。
GEOCRMがぴったりだと思った。

「顧客を視覚的に把握したい」という現場の言葉でGEOCRMを導入したA社。もう一つGEOCRMを導入した理由があった。それは「ご贔屓のお客様」だけでなく多くの顧客と接触を持ってほしいという経営側の要望だ。接触を繰り返すことで受注タイミングを逃さない営業活動を目指している。 「導入に際しての課題や反対は特にありませんでした。ただ、社内で顧客へニーズのヒアリングが十分ではないという課題を抱えていました。もちろん特定の顧客ニーズの把握は出来ていますが、もっと多くの顧客情報の収集が必要だと感じていました。導入に踏み切ったのは、営業活動の効率化はもちろんありますが、それ以上に顧客ニーズを汲み取るという目的もあったのです。」(ご担当者)

効果短期間での導入を可能にした技術力に感動

特許技術を用いた機能で業務効率アップ&コストカット

GEOCRMは特許技術や最先端技術を活用した機能を多く搭載している。その中の一つに「超高速ジオコーディング」という機能がある。 これは住所情報に緯度経度情報を付与して地図へマッピングするジオコーディングが高速でおこなえるナレッジスイート社独自の機能だ。 「実際にデータをインポートしてみて驚きました。一万件の顧客情報が20分でGEOCRMに登録できたのです。以前検討していたものは2000件のデータをインポートするのに丸一日かかったので、雲泥の差です。さらには、頻繁なデータ更新も可能になり、「超高速ジオコーディング機能」のおかげで業務の効率化と顧客数の拡大が可能になりました。基幹システムと連携せず、手作業でのインポート作業でも問題ないので、大きなコスト増加にもなりませんでした。」(ご担当者)

展望ターゲットを可視化させる

顧客を色別表示して「訪問すべき顧客」を見つける。

「地図を活用する」ということに主眼を置き、定着化を図るA社に今後の活用方法を尋ねると地図の顧客を一定の条件に従って色別表示する「ターゲットスライダー機能」活用に意欲を見せた。

「営業マン全員にタブレット端末を配布し、GEOCRMを活用しています。地図から顧客を見つける、という導入時の目標はクリアしたと感じています。今後は新機能である「ターゲットスライダー機能」を使って顧客の規模や購入量ランク、最終訪問日からの経過日数などの情報をレベル別に色分け表示させたいと考えています。地図上に色分け表示することで優先して回るべき顧客を見逃さない、という意識を営業マンに持ってもらうことを次の目標としています。」(ご担当者)

その他の導入事例

ページトップへ

電話でのご相談のある方はこちら

03-5440-2081

9:30~18:30(土日休み)

スマートデバイスアプリダウンロード

※事前にサービスのお申し込みが必要です

iPhoneをご利用の方

App Storeを利用するには、iTunes Storeのアカウントが必要です。

Android(TM)をご利用の方

Google play Storeを利用するには、Googleアカウントが必要です。