モバイルファースト&クラウドファースト

顧客管理の目的

 顧客管理の目的

顧客管理とは、顧客の様々な情報を一元管理し、長期的に良好な関係を築くことで顧客満足度を向上させ売り上げに繋げることが目的です。

営業マン一人の担当地域が広く顧客数も多いため、顧客の所在地を覚えきれない

顧客管理の目的

しかし、事業が成長すると一人の営業マンが担当できる地域や顧客の数も増え、管理に抜けが出てきます。
受注率や案件化率を上昇させる大切な役割を果たす顧客管理。正しい顧客管理は営業活動を効果的に進めるためにも考えておかなければならない大事なポイントなのです。

 顧客管理の歴史

今では当たり前となった顧客管理という言葉やサービスが広く知られるようになったのは、ITの普及が大きく影響しています。ITが普及する前の顧客管理は紙ベースで行われており、ほぼ決まった固定客に対して営業活動を行うだけで受注が取れていました。しかし、ITの普及に伴いお客様のもとへ届く情報量が増え、既存顧客を失うケースも増え、顧客管理がより重要になりました。
顧客との関係が良好ならば他社にとられることや受注を逃す割合が減るのではないか、そのためにはお客様の情報をしっかり管理して情報提供をしなければいけないのではないかと多くの企業が気付き始め、顧客管理という言葉が広く知られるようになったのです。
今日では、ITの発展に伴い大規模なシステムを構築することで、これまで書類で管理してきた情報を膨大なデータとして整理・管理すること可能になり、例えばメールやDMに特化した顧客管理、またはコールセンターにおける顧客情報管理など様々なタイプの顧客管理システムがあります。

GEOCRM.com無料トライアルお申込み

顧客管理は最終的に営業活動と深く関わってくるので、ただ管理するという考えではなく、どのように管理すれば営業利益を最大化できるのかを考えるとよいでしょう。
CRMシステムを活用するためには、顧客管理の考え方を自社の営業スタイルに落とし込んだ入力項目を設定する必要があります。

 フィールドナーチャリングCRM

顧客管理にはCRMシステムを利用することが一般的です。シンプルに顧客情報のみを管理するCRMシステムだけでなく、SFAの機能を持っているタイプや地図で顧客管理をするものなど様々なタイプがあります。

フィールドナーチャリングCRM

GEOCRMは、地図上に見込み客の会社の位置を登録することで、顧客との関わり合いを可視化できるという強みを持った顧客管理システムです。

 

 顧客管理の落とし穴

顧客管理をCRMシステムで行うと、そこに情報が入るだけで顧客管理が出来ていると思いがちです。
ただ闇雲に情報を蓄積するだけでは顧客管理とは言えません。

他社製品では顧客データのインポートに1日かかり、エラーも多発

顧客管理の落とし穴

真の顧客管理とは、蓄積された情報を生かしてお客様にとって一番必要な情報を一番欲しい時に提供して、信頼されることなのではないでしょうか。お客様からの信頼を得ることで受注率の向上も見込めます。

営業チームに最適なCRM

GEOCRMはシステム購入が不必要で、現場営業の方の入力もスマートフォンだけで済みますので操作もシンプルで現場の負担も少なく、導入コストも安くかかります。
大事なことはCRMシステムに社員が顧客情報をアップデートし続ける仕組みが大切です。アップデートされた顧客情報を利用し、正しい顧客管理を行いましょう。

ページトップへ

スマートデバイスアプリダウンロード

※事前にサービスのお申し込みが必要です

iPhoneをご利用の方
Android(TM)をご利用の方