モバイルファースト&クラウドファースト

フィールドナーチャリングCRM

顧客との関係を可視化する エンゲージメントマップ
フィールドワーカーの一日x CRM GEOCRM.com
圧倒的なパフォーマンスを実現 4つの特許技術
CRM GEOCRM.comが2015年度グッドデザイン賞を受賞しました。

  • B2Bマーケティング市場のNEWSまとめサイト マーケティングオートメーションNOW!B2B
  • 「GEOCRM」を活用することで訪問件数が最大化 予材管理で効率的な運用が実現
  • 外食・小売企業様向け

- フィールドナーチャリングCRM -

「GEOCRM.com( ジオシーアールエムドットコム)」は、
顧客への訪問時にヒアリングシートを入力して顧客カルテを更新することで、
見込み顧客育成を目的とするモバイルCRMクラウドサービスです。

概念図

概念図

予め設定したヒアリング項目を日々の営業活動で聞き込み埋めていくことで、顧客カルテ(CRMシート)を完成させていきます。
顧客への接触を繰り返すことで顧客との良好な関係を構築(CRM)し、そこで得た重要な情報を、顧客カルテに蓄積します。
訪問すべき見込み顧客は訪問履歴から顧客の状態、訪問経過日数に応じて色別に表示され、瞬時に把握できます。
顧客カルテが充実してくると、契約満了までの残り日数や競合製品導入状況、次回導入検討の有無など、
設定したヒアリング項目に沿った最適な検索が可能になります。
その結果、セグメントされた顧客が地図上で色別表示されスマートデバイス上でも攻めるべき顧客が可視化されます。
従来よりも戦略的で効率的なフィールド上でのオフラインアプローチを可能とし、日本特有の商文化に合わせたCRMが実現可能です。

蓄積された情報で気づきを与える

顧客カルテを完成させるためには繰り返し訪問活動を行います。
顧客カルテを完成させることがフィールドナーチャリングCRMの一歩となります。
メールやWEB上から得た顧客情報だけでなく、訪問、対面でのオフライン活動を通じて得た新たなニーズ・ウォンツを取り込むことでCRM情報の精度を高めていきます。

GEOCRMでは顧客カルテの情報から定期訪問の訪問間隔や売り込む時期を絞り込み機能や色分け機能によって地図上で見極めることができます。
※ ヒアリングシートは製品別や顧客種別など複数テンプレートを簡単に作成することができます。

競合製品別セグメント 訪問期間別セグメント

地図 × 顧客 = アラートビューイング

GEOCRMの地図上に表示される情報はターゲットスライダー機能によって細かいセグメント情報に分けて登録可能です。
ヒアリングシートで得られた情報を顧客カルテにアップデートさせ、
顧客データを分析しセグメントに分けた結果を地図上に表示させることができます。
これにより企業独自の優良見込み顧客リストを構築することができ、
ヒアリングを行った顧客カルテが将来優良なターゲットリストに変化していきます。
GEOCRMで従来のCRMシステムよりも一歩進んだCRMを始めることができます。

アラートビューイング

技術革新 & 進化

GEOCRMは多くの取得済み特許技術を実装することで圧倒的なパフォーマンスをお約束します。
またウェアラブルデバイスを活用した顔認証技術に対応した
本人照合用データベース構築技術の特許も取得しております。

ページトップへ

電話でのご相談のある方はこちら

03-5440-2081

9:30~18:30(土日休み)

スマートデバイスアプリダウンロード

※事前にサービスのお申し込みが必要です

iPhoneをご利用の方

App Storeを利用するには、iTunes Storeのアカウントが必要です。

Android(TM)をご利用の方

Google play Storeを利用するには、Googleアカウントが必要です。